カード分析

ザマゼンタV(おうじゃのかまえ)の評価と考察/序盤の大量ドロー&ピン刺しで鋼弱点を突く!

  1. HOME >
  2. カード分析 >

ザマゼンタV(おうじゃのかまえ)の評価と考察/序盤の大量ドロー&ピン刺しで鋼弱点を突く!

ザマゼンタV(おうじゃのかまえ)の評価と考察/序盤の大量ドロー&ピン刺しで鋼弱点を突く!

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析していく「ポケカの楽しい使い方」シリーズ。

今回取り上げるのは、こちら「ザマゼンタV(おうじゃのかまえ)」です。

ザマゼンタVの評価と考察/大量ドローが可能な特性「おうじゃのかまえ」を活かすには?

zamazenta

ザマゼンタV(おうじゃのかまえ)は、2021年12月発売のスタートデッキ100に収録されています。

HP220。
鋼タイプのたねポケモン。

ポイントは2つ。
特性「おいじゃのかまえ」は、「自分の番に1回使えて、使ったなら。自分の番は終わる。
自分の手札をすべてトラッシュし、山札を5枚引く」という効果を持ちます。

ワザ「リベンジバースト」は鋼×①・無×②で使え、「相手がすでにとったサイドの枚数×30ダメージ」となります。

この2つの特徴から導き出せるザマゼンタVの使い方は「最初と最後」で決定です。

STEP①/特性「おうじゃのかまえ」は1ターン目に使う。

特性「おうじゃのかまえ」は、手札全トラッシュからの5枚ドローですので、デデンネGXの特性「デデチェンジ」や博士の研究に似た効果です。
5枚ドローできるのは強力ですが、自分の番がそれで終わってしまうのが最大の弱点です。

自分のターンに1回しか攻撃ができないポケモンカードゲームにおいて、「攻撃をせずに終わる」というのは、基本的に想像を絶するデメリットです。
ただし、攻撃や場の準備が整っていない1ターン目であれば、それも許容できます。

実際、ゲーム序盤にザシアンVの特性「ふとうのつるぎ」を使って、攻撃をせずにターンを終える動きは非常に強力です。

ザシアンV

「おうじゃのかまえ」は特性ですので、先行1ターン目でも使うことができます。
つまり、ファイヤローVのワザ「ファストフライト 」と同じ使い方をするのがベストと言えるでしょう。

ファイアローV

1ターン目に手札をフル活用して場を整え、できるだけ手札を減らし、無駄なくトラッシュをして、さらに「おうじゃのかまえ」で5枚ドローし、次のターンに備える。
これが最適な動きではないでしょうか。

STEP②/ワザ「リベンジバースト」は最終局面で使う。

zamazenta

ザマゼンタVは、クロバットVやデデンネGXなどと比べてHPが高く、ベンチに長く置いておける可能性は高いです。

kurobat

特性「おうじゃのかまえ」で一仕事終えたザマゼンタVには、ベンチでしばらく休んで頂き、サイドを取り進めた終盤にまた活躍してもらいましょう。

リベンジバーストは、相手にとられたサイドの枚数に応じてダメージが上がります。
3枚とられたら、120+30×3=210、4枚なら240、5まいなら270ダメージ。

終盤であれば、相手のVMAXも多少のダメージは受けているでしょうから、この打点でも十分きぜつさせることが可能です。

注目ポイントは「リベンジバースト」の必要エネルギー3つのうち、2つが無色であるということ。
これは「オーロラエネルギー」を採用することで、鋼以外のどんなデッキにもザマゼンタVを組み込むことができるということです。

オーロラエネルギー

STEP③/ザマゼンタVを「ピン刺し」で鋼弱点ポケモン・デッキへの対策としてぶつける

現在の環境で活躍している「はくばバドレックスVMAX」や「ニンフィアVMAX」は鋼弱点です。

ハクババドレックス

関連記事
はくばバドレックスVMAXの評価と考察/水タイプ版ビクティニVMAX【頂への雪道が猛威か?】
はくばバドレックスVMAXの評価と考察/水タイプ版ビクティニVMAX【頂への雪道が猛威か?】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

ニンフィアVMAX

関連記事
ニンフィアVMAXのデッキパターン4種/構築の進め方5ステップ【構築・運用共に超難関デッキに挑む】
ニンフィアVMAXの評価と考察/デッキパターン4種/構築の進め方5ステップ【構築・運用共に超難関デッキに挑む】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

そういったデッキ、ポケモンに対するアタッカーとして、また、序盤の大量ドロー手段として、オーロラエネルギーと一緒に「デッキへ1枚入れておく」というピン刺しができるのは、たねポケモンであるザマゼンタVの大きなメリットではないでしょうか。

この「どのデッキにも入れられる可能性がある」という汎用性の高さが、ザシアンVにはない魅力と言えるでしょう。

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5