カード分析

【ポケカ】闘タイプのエネルギー加速手段まとめ/2021年9月版【ガラルサンダーは果たして活躍できるか?】

  1. HOME >
  2. カード分析 >

【ポケカ】闘タイプのエネルギー加速手段まとめ/2021年9月版【ガラルサンダーは果たして活躍できるか?】

【ポケカ】闘タイプのエネルギー加速手段まとめ/2021年4月版【エネルギー要求を減らす特性とグッズに注目】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

今回取り上げるのは、「闘タイプのエネルギー加速手段」についてです。

闘タイプのエネルギー加速手段について、実際に活用可能なカード・手法に絞ってご紹介いたします。

①必須レベルのポケカ闘タイプエネルギー加速カード/闘タイプのエネルギー加速【2021年7月版】

一撃マスター・連撃マスター以降、闘タイプの主軸は「いちげき・れんげきのポケモン」になっており、その流れで闘タイプのエネルギー加速手段についても「いちげきエネルギー・れんげきエネルギー」がメインとなっています。

いちげきウーラオスV/とぎすます

いちげきウーラオスv

闘×①/とぎすます
自分の山札から闘エネルギーを2枚まで選び、このポケモンにつける。そして山札を切る。

いちげきウーラオスV・VMAXをメインにしているなら、早めに使っていきたいワザによるエネルギー加速。
インパクトブロー、そしてVMAXに進化したあとのワザへとつなげるエネルギー加速手段です。
いちげきエネルギーと組み合わせての利用が前提になります。

◯グラードン/ひでり

グラードン

無×①/ひでり
自分の手札にある闘エネルギーを2枚まで、自分のポケモン1匹につける。

無色エネルギー1つで使えるエネルギー加速ワザ。
非V・GXポケモンで、かつ一度に2枚のエネルギーをつけることができる点は非常に優秀です。

◯セキタンザン/タールジェネレート

セキタンザン

特性/タールジェネレート
自分の番に1回使える。自分のトラッシュから炎エネルギーと闘エネルギーをそれぞれ1枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。

2進化ポケモンなので、ボルテージビートのゴリランダーのように「エネルギー加速専用のシステムポケモン」として育てるというのが、ベストな活用法になるでしょう。

ゴリランダー

進化ラインが同じということで、一撃マスター収録のワザ「せきたんほう」を持ったセキタンザンと組み合わせて使うデッキも面白いと思います。

セキタンザン

ワザ
無×①/せきたんほう 90×
このポケモンについているエネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×90ダメージ。

ガラル ネギガナイトV/ちかいのやり

ガラル ネギガナイト

特性/ちかいのやり
自分の番に、このポケモンがベンチからバトル場に出たとき、1回使える。自分の場のポケモンについている闘エネルギーを好きなだけ選び、このポケモンにつけ替える。

いちげきウーラオスVやグラードン、セキタンザンで場に持ってきた闘エネルギーを集めて、利用することができる特性「ちかりのやり」。
ガラル ネギガナイトVを複数用意することによって、特性「ちかいのやり」からのワザ「フォールスター」でエネルギーを使いまわしながら闘うという戦法も可能です。

ワザ
闘×②・無×①/フォールスター 200
次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。

ネギガナイトVと組み合わせられるガラルサンダーV

ガラルサンダー

ガラルサンダーは、特性「けんきゃくチャージ」で、ベンチに出した時、手札から2枚の闘エネルギーを自分自身につけることが可能です。

ガラルネギガナイトVは、特性「ちかいのやり」で場のポケモンについている闘エネルギーを好きなだけ、自分に移動させることができます。

つまり、ガラルサンダーに2枚の闘エネルギーがついた状態で特性「ちかいのやり」を発動すれば、ガラルネギガナイトVに2エネルギーが付き、1枚手貼りすることで、最速先攻2ターン目にワザ「フォールスター」を使うことが可能になります。

このコンボは、それほど簡単なことではないのですが、実現できない訳ではありません。

しかし問題点が多いのも事実です。

関連記事
ガラルサンダーの評価と考察/闘タイプ受難の時代に生まれた悲劇【いちげきウーラオスVMAXデッキ強化になるか?】
ガラルサンダーの評価と考察/闘タイプ受難の時代に生まれた悲劇【いちげきウーラオスVMAXデッキ強化になるか?】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

◯ワザに必要な闘エネルギーを減らす効果を持つポケモン・グッズ

ガラルサンダーV/とうそうほんのう・らいめいげり

ガラルサンダーV

特性/とうそうほんのう
相手の場の「ポケモンV」の数ぶん、このポケモンがワザを使うための【無】エネルギーは少なくなる。

ワザ
闘×①・無×③/らいめいげり170
ダメージを与える前に、相手のバトルポケモンについている特殊エネルギーを1個選び、トラッシュする。

相手のベンチにポケモンVが並ぶことで、ワザを使うのに必要なエネルギーが減っていきます。
最終的に闘エネルギー1枚でワザ「らいめいげり」を使えるようにプランニングします。

関連記事
ガラルサンダーVの評価と考察/対ムゲンダイナ用決戦兵器の登場【各デッキに1枚入る汎用ポケモン】
ガラルサンダーVの評価と考察/対ムゲンダイナ用決戦兵器の登場【各デッキに1枚入る汎用ポケモン】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

くろおび

くろおび

自分のサイドの残り枚数が、相手より多いなら、このカードをつけているポケモンが使うワザに必要なエネルギーは、闘エネルギー1個ぶん少なくなる。
グッズは、自分の番に何枚でも使える。

サイドの枚数による条件はありますが、ワザに必要な闘エネルギーが1つ減るというメリットがあります。
れんげきウーラオスVMAXが「くろおび」をつけた状態でサイドの条件を満たせば、ワザ「きょだいれんげい」をれんげきエネルギー1枚で使うことが可能です。

れんげきウーラオスVMAX

 

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5