カード分析

シャワーズVMAXの評価と考察/話題の「バブルポッド」を効果的に使う方法を考える

  1. HOME >
  2. カード分析 >

シャワーズVMAXの評価と考察/話題の「バブルポッド」を効果的に使う方法を考える

シャワーズVMAXの評価と考察/話題の「バブルポッド」を効果的に使う方法を考える

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析していく「ポケカの楽しい使い方」シリーズ。

今回取り上げるのは、こちら「シャワーズVMAX」です。

シャワーズVMAX/「バブルポッド」でポケモンを呼び出し、エネ加速までして後続を育てる「お世話焼きポケモン」

シャワーズVMAXは、HP320の水タイプ1進化ポケモンです。

シャワーズVMAX

無×①/バブルポッド
自分のトラッシュから水ポケモンを1枚選び、ベンチに出す。その後、自分のトラッシュから水エネルギーを3枚まで選び、出したポケモンにつける。

水×①・無×②/ダイゲキリュウ 100+
相手のバトルポケモンにダメカンがのっているなら、100ダメージ追加。

エレメンタルバッジ

このカードをつけている、名前に「シャワーズV」または「サンダースV」または「ブースターV」とつくポケモンがワザを使うためのエネルギーは、無エネルギー1個ぶん少なくなる。

シャワーズVMAXは、エレメンタルバッジをつけることで、必要なエネルギーを1つ少なくすることができます。
非常に強力な効果なので、シャワーズVMAXをアタッカーとして考えている場合は、積極的につけていく必要があるでしょう。

バブルポッドは強力なワザですが、トラッシュにポケモンとエネルギーを送っておかなければなりませんので、序盤から使っていくことは難しいでしょう。

有効的に使うならば、中盤から終盤にかけて、一度崩れた盤面を立直し、すぐに反撃ができる準備を整えるという用途が最適です。

バブルポッドの使い方①/初動の早いポケモン・相性の良いれんげきポケモンと組み合わせる

シャワーズは、ダイゲキリュウでダメージを与えるにしても、相手にダメカンが乗っていないと最大火力が出せないなど、序盤はあまり活躍のチャンスがありません。
そこで、初動の早いポケモンと組み合わせるのがベストと考えます。

具体的には

①はくばバドレックスVMAX/2エネルギーで250ダメージの速攻性能

はくばバドレックスVMAX

ワザ
無×②/エンペラーライド 10+
相手のベンチポケモンの数×30ダメージ追加。

水×②/ダイランス 10+
のぞむなら、このポケモンについているエネルギーを2枚まで選び、トラッシュする。その場合、トラッシュした枚数×120ダメージ追加。

2エネルギーで250ダメージという速攻性能は抜群です。
ワザのダメージと引き換えに、水エネルギーをトラッシュに送れる点も、バブルポッドと相性が良いです。

②バシャーモVMAX/れんげきエネルギー1枚で起動し、エネルギー加速も担う

バシャーモVMAX

炎×①/わしづかみ 60
次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない。

無×②/ダイブレイズ 130
自分のベンチの「れんげき」のポケモンを2匹まで選び、自分のトラッシュからエネルギーを1枚ずつつける。

シャワーズVMAXと同じれんげきポケモンという点で、相性は抜群です。
れんげきエネルギー1つで攻撃ができるダイブレイズは、同時にシャワーズへのエネルギー加速も可能にします。

③れんげきインテレオンVMAX/省エネ運用が可能なれんげきのパートナー

インテレオンVMAX

特性/ダブルシューター
自分の番に、自分の手札から水エネルギーを1枚トラッシュするなら、1回使える。相手のベンチポケモン2匹に、それぞれダメカンを2個のせる。

水×①・無×①/キョダイウズマキ70+
のぞむなら、このポケモンについているエネルギーを1個選び、手札にもどす。その場合、70ダメージ追加。

特性「ダブルシューター」で相手ポケモンにダメージを与えることで、ダイゲキリュウ200ダメージの布石にすることができます。
同時に水エネルギーのトラッシュも可能。

バブルポッドを最初のアタッカーがきぜつしてからの立て直しに利用

例えば、はくばバドレックスVMAXであれば、序盤はめいいっぱい「はくばバドレックスVMAXのダイランス」で戦い、はくばバドレックスVMAXが気絶したタイミングで、バブルポッドを発動。
トラッシュに落ちたはくばバドレックスと水エネルギーを一気に復活させ、反撃を開始するという流れが理想です。

バブルポッドの使い方②/序盤のアタッカー=スターターポケモンを探す

ダイゲキリュウで200ダメージを与えるための準備として、上記の3ポケモン以外にも、序盤のアタッカーとして使えるポケモンを考えてみましょう。

その条件としては

スターターポケモンの条件

  • 1エネルギーでワザが使える
  • 進化の必要がないたねポケモン

となります。

①れんげきカプ・レヒレ/ベンチとの入れ替えワザが便利

カプ・レヒレ

水×①/スマッシュターン 30
のぞむなら、このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。

れんげきのポケモンであること、攻撃後、ベンチポケモンと入れ替えられる点が便利です。

②クラブ/相手の全ポケモンを攻撃

クラブ

水×①/アクアシャワー
相手のポケモン全員に、それぞれ10ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

すべてのポケモンにまんべんなくダメージを与えられるので、ダイゲキリュウのターゲットが増えます。

③フリージオ/グッズロックで相手を妨害

水×①/カチカチロック 10
次の相手の番、相手は手札からグッズを出して使えない。

最低限のダメージを与えつつ、グッズロックができるので、相手の次の展開を遅らせることができます。

④インテレオンV/ターゲットをねらいうち

インテレオンV

水×①/ねらいうち
相手のポケモン1匹に、40ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

ダイゲキリュウのターゲットにしたいポケモンを狙い撃ちできます。
その後、VMAXに進化して闘うことも可能。

バブルポッドの使い方③/バブルポッドで出したい水タイプの進化ポケモン

バブルポッドでベンチに出せるポケモンは、進化ポケモンでも対象となる点が強力です。

バブルポッドで出したいポケモンは、大きく分けて

バブルポッドで出したいポケモン

  1. アタッカーになるポケモン
  2. 特性が強力なポケモン

の2種類があります。

①アタッカーになるポケモン

①カメックスVMAX/攻撃力抜群の浮沈戦艦をすぐさま起動、砲撃開始

カメックスVMAX

水×③/グランフォール 120
自分の山札から水エネルギーを3枚まで選び、ベンチポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

水×④/キョダイボンバード 220
相手のベンチポケモン2匹にも、それぞれ30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

エネルギー要求が高いため使いづらいポケモンでしたが、バブルポッドによって一気に準備が整います。

②グレイシアVMAX/相手のVMAXを封じる特性

グレイシアVMAX

特性/クリスタルヴェール
このポケモンは、相手の「ポケモンVMAX」(「グレイシアVMAX」をのぞく)からワザのダメージを受けない。

ワザ/ダイツララ150
相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

中盤以降になると、相手もVMAX主体で攻撃をしかけてくることが多くなりますので、グレイシアVMAXの特性「クリスタルヴェール」が効力を発揮します。

③はくばバドレックスVMAX

はくばバドレックスVMAX

ワザ
無×②/エンペラーライド 10+
相手のベンチポケモンの数×30ダメージ追加。

水×②/ダイランス 10+
のぞむなら、このポケモンについているエネルギーを2枚まで選び、トラッシュする。その場合、トラッシュした枚数×120ダメージ追加。

即起動、即攻撃によってダイランスで250ダメージが出せるのは強力です。

【ポイント】キングドラは使えない

キングドラ

特性/かいていのぬし
自分のバトルポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするたび、1回使える。きぜつしたポケモンについている水エネルギーを好きなだけ選び、このポケモンにつけ替える。

水×①/アクアバースト 40×
このポケモンについているエネルギーの数×40ダメージ。

水ポケモンで強力な2進化ポケモンとして、ぜひキングドラを使いたくなりますが、バブルポッドとの相性はよくありません。

キングドラは、バトルポケモンが気絶した際に、そのエネルギーを引き継げるのが特徴なので、そもそも「バトルポケモンに水エネルギーがたくさんついていて、かつ気絶する」というシチュエーションが整うからこそ、本領を発揮できます。
バブルポッドで3エネルギーついたとしても、すぐに大ダメージが出せるわけでもありませんので、使い所が難しいです。

バブルポッドの3エネルギーに、手貼りやメロンを合わせて水エネルギーを増やすという手もありますが、その手間をかけるくらいならカメックスVMAXやはくばバドレックスVMAXを出してしまった方が効率的だと言えます。

②特性が強力なポケモン

①インテレオン(クイックシューター)/ダメカンを撒き散らすクールスナイパー

特性/クイックシューター
自分の番に1回使える。相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。

特性「クイックシューター」を持つインテレオンが中盤以降に突然出てきたら、相手としては非常に嫌でしょう。

しかし、インテレオンでワザを使うことはほとんどないので、水エネルギー3つは無駄になってしまうため、トラッシュに水エネルギーがなくても問題はありません。

②ミロカロス/貴重な回復系ポケモン

ミロカロス

特性/ブライトヒール
自分の番に1回使える。自分のポケモン全員のHPを、それぞれ「20」回復する。

特性「ブライトヒール」で、自分の全ポケモンのHPが毎ターン20回復できます。

③カメックス/水エネルギーの加速装置

カメックス

特性/パワースコール
自分の番に1回使える。自分の山札を上から6枚見て、その中にある水エネルギーを好きなだけ、自分のポケモンに好きなようにつける。残りのカードは山札にもどして切る。

特性「パワースコール」によって、終盤のエネルギー加速を安定させます。
山札にエネルギーを戻せるグッズであるエネルギーリサイクルと組み合わせることで効果を発揮。

自分のトラッシュから基本エネルギーを5枚まで選び、相手に見せて、山札にもどして切る。

いざとなったらハイドロタックルで150ダメージ出せる点も優秀。

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-, ,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5