カード分析

リーフィアVMAXの評価と考察/考えることが多すぎて扱いが難しい「じゃじゃイーブイズデッキ」

  1. HOME >
  2. カード分析 >

リーフィアVMAXの評価と考察/考えることが多すぎて扱いが難しい「じゃじゃイーブイズデッキ」

リーフィアVMAXの評価と考察/やるべきことが多すぎて扱いが難しい「じゃじゃイーブイズデッキ」

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析していく「ポケカの楽しい使い方」シリーズ。

今回取り上げるのは、こちら「リーフィアVMAX」です。

◯リーフィアVMAXデッキを使う上でのポイント

リーフィアV/VMAXは、草ポケモンに久しぶりに現れたアタッカーです。

リーフィアV

特性/りょくかさいぼう
自分の番に1回使えて、使ったなら、自分の番は終わる。自分の山札から草エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。そして山札を切る。

リーフィアVMAX

草×①・無×①/くさむすび 60×
相手のバトルポケモンのにげるためのエネルギーの数×60ダメージ。

草×①・無×②/ダイリーフ 170
このポケモンのHPを「30」回復する。

「エネルギー2つでワザが使えるポケモンは強い」の法則にあてはめれば、リーフィアVMAXも当然、「強いポケモン」であるはずです。

①1ターン目で特性「りょくかさいぼう」を使えるか

リーフィアV

特性/りょくかさいぼう
自分の番に1回使えて、使ったなら、自分の番は終わる。自分の山札から草エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。そして山札を切る。

リーフィアVMAXデッキであれば、先攻をとりたいところ。
ワザを使えない先攻1ターン目に、1枚エネルギーを手貼りし、特性「りょくかさいぼう」で草エネルギーを加速できれば、2エネルギーがつき、進化後に「くさむすび」を使用する準備は整います。

②ガラル鉱山が出せるかどうか

ガラル鉱山

おたがいのバトルポケモンのにげるためのエネルギーは、それぞれ2個ぶん多くなる。

大ダメージの可能性もある「くさむすび」の火力を出すためには、相手の逃げるエネルギーを増やす必要があります。
そのためには、「ガラル鉱山」が必須カードです。

環境トップにいる多くのポケモンは、エネルギーが「2〜3」である場合が多いです。
これは、「2」であれば、いざという時に「ふうせん」をつけてリスクなしに逃げられる点に、プレイヤーがメリットを感じているからでしょう。

逃げエネルギー2の場合、「くさむすび」のダメージは60×2=120。
ガラル鉱山を使うことで、2+2で4になりますので、ダメージは60×4=240。

スタジアムありとなしでは、大きく違います。

関連記事
今使える「スタジアム」まとめ【〜白銀のランス・漆黒のガイスト】スタジアムを制する者がゲームを制す時代突入?
今使える「スタジアム」まとめ【〜イーブイヒーローズ】スタジアムを制する者がゲームを制す時代突入?

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 今回取り上げるのは、スタジアムです。 白銀のランス/漆黒のガイスト環境になり、「頂への雪道 ...

続きを見る

③キャプチャーエネルギーを有効活用する

キャプチャーエネルギー

キャプチャーエネルギー
このカードは、ポケモンについているかぎり、【無】エネルギー1個ぶんとしてはたらく。
このカードを手札からポケモンにつけたとき、自分の山札からたねポケモンを1枚選び、ベンチに出す。そして山札を切る。

「くさむすび」は、草①+無①エネルギーなので、キャプチャーエネルギーや、場合によってはウィークガードエネルギーも積極的に活用していくべきでしょう。

ウィークガードエネルギー

ウィークガードエネルギー
このカードはエネルギー1個ぶんとしてはたらく。

④悪タイプの「ハイド悪エネルギー」と「ナイトシティ」、れんげきの「水の塔」に気をつける。

悪タイプの場合、バンギラスVやブラッキーVMAX、ガラルファイヤーVなど、「草弱点」のポケモンがいるため有利な対面になりますが、「逃げるエネルギー」を少なくする「ハイド悪エネルギー」や「ナイトシティ」を使われると、一気に「くさむすび」の効力がなくなりますので、注意が必要です。

ナイトシティ

おたがいのタイプのたねポケモン全員のにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

ハイド悪エネルギー

このカードは、ポケモンについているかぎり、悪エネルギー1個ぶんとしてはたらく。
このカードをつけている悪ポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

また、れんげき専用スタジアムの「水の塔」も逃げるエネルギーを2少なくしますので、要チェックです。

みずのとう

おたがいの「れんげき」のポケモン全員のにげるためのエネルギーは、それぞれ2個ぶん少なくなる。

⑤逃げるためのグッズ類への対策をしっかりと

悪タイプではなくても、ふうせん、Uターンボード、スノーリーフバッジなどをつけることで、逃げるエネルギーを減らすことができます。
そういった「ポケモンのどうぐ」への対策として、ツールスクラッパー、ツールジャマー、レパルダスなどの対策カードを用意しておく必要があります。

ふうせん

ふうせん

このカードをつけているポケモンは、にげるためのエネルギーが2個ぶん少なくなる。グッズは、自分の番に何枚でも使える。

Uターンボード

Uターンボード

ポケモンのどうぐは、自分のポケモンにつけて使う。ポケモン1匹につき1枚だけつけられ、つけたままにする。
このカードをつけているポケモンは、にげるためのエネルギーが1個ぶん少なくなる。
このカードは、場からトラッシュされるとき、トラッシュせず、手札にもどす。

レパルダスV

レパルダスV

特性/かくしヅメ
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。おたがいの場のポケモンについている「ポケモンのどうぐ」を1枚選び、トラッシュする。

ツールジャマー

ポケモンのどうぐは、自分のポケモンにつけて使う。ポケモン1匹につき1枚だけつけられ、つけたままにする。
このカードをつけているポケモンがバトル場にいるかぎり、相手のバトルポケモンについている「ポケモンのどうぐ」(「ツールジャマー」をのぞく)の効果は、すべてなくなる。

⑥混沌とするスタジアム貼り合戦に勝利する必要がある。

リーフィアVMAXは、自身のターンで「ガラル鉱山」が貼れなければ、安定して勝利することは難しいでしょう。
しかし、「頂への雪道」登場以降、スタジアムの重要性は日に日に増しており、それに比例して、スタジアムを2枚無効化できる「混沌のうねり」の採用も増えています。

頂への雪道

おたがいの場の「ルールを持つポケモン」の特性は、すべてなくなる。

混沌のうねり

おたがいのプレイヤーが、手札から別の名前のスタジアムを場に出したとき、このスタジアムをトラッシュしたあと、そのスタジアムもトラッシュする。(新しく出たスタジアムの効果ははたらかない。)

そういった状況で、ガラル鉱山を狙って貼るのは大変な作業であり、マーシャドーやアスナなど、混沌のうねりをはがすカード、また、スタジアムを手札に加える手段(インテレオンラインのうらこうさくなど)も、デッキプランに入れておく必要があります。

マーシャドー

特性/リセットホール
このポケモンがベンチにいるなら、自分の番に1回使える。場に出ているスタジアムをトラッシュする。その後、このポケモンと、ついているすべてのカードを、トラッシュする。

アスナ

相手の場のポケモンについている「特殊エネルギー」と場に出ている「スタジアム」を1枚ずつ選び、トラッシュする。

関連記事
「頂への雪道」をどうする?への解答【影響を受けるデッキ・効果的な対策・恩恵を受けるデッキ】をまとめて考察
「頂への雪道」をどうする?への解答【影響を受けるデッキ・効果的な対策・恩恵を受けるデッキ】をまとめて考察

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 今回は「頂への雪道をどうする?」をテーマに考えていきたいと思います。 目次1 頂への雪道は ...

続きを見る

◯リーフィアVAMXと組み合わせるポケモン・カード

①インテレオン(うらこうさく&クイックシューター)

インテレオン

特性/うらこうさく
自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札からトレーナーズを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

特性/クイックシューター
自分の番に1回使える。相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。

どのデッキにも出てくる万能戦士。
うらこうさくは、がラル鉱山やしんかのおこう、ツールジャマーなど、「必要不可欠なカードを手札に加える」ために使います。
またクイックシューターは、「くさむすび」で足りない打点を補うのに好都合です。

関連記事
インテレオンの評価と考察/「進化すること」を戦略にできる2進化ポケモン【2種類の特性を活かせるデッキとは?】
インテレオンの評価と考察/「進化すること」を戦略にできる2進化ポケモン【2種類の特性を活かせるデッキとは?】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

②アップリュー

アップリュー

特性/アップルドロップ
自分の番に1回使える。相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。その後、このポケモンと、ついているすべてのカードを、自分の山札にもどして切る。

ポケカ公式の動画で使われていたポケモン。
こちらもクイックシューターのインテレオン同様、アップリューの「アップルボム」を使って、打点調整を行います。

③ガラルジグザグマ

ガラルジグザグマ

こちらは言わずもがな、「打点調整のスペシャリスト」です。

④グズマ&ハラ

グズマ&ハラ

自分の山札にある「スタジアム」を1枚、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

がラル鉱山がなければ話にならないデッキなので、採用を検討しても良いでしょう。

⑤アマージョV

amajyo

ポケモンカードゲームにおいて、「意図的に自分のベンチポケモンをトラッシュする」というのはこれまで非常に難しかったですが、アマージョVの登場でそれが可能になりました。
その点で「クイーンオーダー」は革命的と言えます。

これまでより「自由にベンチを使うことが出来る」ようになったことで、ポケカの戦術がさらに広まることが考えられます。

関連記事
アマージョVの評価と考察【ベンチのポケモンを自由にトラッシュできるワザ】戦略の幅を広げる革命的女王降臨
アマージョVの評価と考察【ベンチのポケモンを自由にトラッシュできるワザ】戦略の幅を広げる革命的女王降臨

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

【結論】リーフィアVMAXデッキは「対策しなければならないこと」が多すぎて難しい

御覧頂いた通り、リーフィアVMAXは、2エネルギーで強力なワザが使えるというメリットはありますが、その代わりに

  • ガラル鉱山を使わないと火力が上がらない
  • 逃げるエネルギーを少なくされるカードを対策する必要がある
  • 混沌のうねりなど、他のスタジアムを対策する必要がある

など、やらなければならないこと、対策を考えなければならないことが山のようにあります。

特に「スタジアムを狙って出す」というのは予想外に難しい。
私はそれを「いちげきトルネロスデッキ」で思い知りました。

ガラル鉱山とのコンボは、相手の動きを封じることで「妨害+大火力」を実現する魅力的なものですが、いかんせん「扱いが難しい」というのがリーフィアVMAXデッキの率直な感想です。

ただ、自分のターンでしっかりガラル鉱山を出していければ、起動が早く、大きいダメージも出しやすいリーフィアVAMXは予想以上に強い!
使っていて楽しい魅力のあるポケモン、デッキであることは間違いありません。

リーフィアが大好き!という方には、もちろんおすすめします。

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-, ,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5