カード分析

ミュウ【評価と考察】/ベンチを守る幻のポケモン【キョダイレンゲキ対策でシステムポケモンをガード】

  1. HOME >
  2. カード分析 >

ミュウ【評価と考察】/ベンチを守る幻のポケモン【キョダイレンゲキ対策でシステムポケモンをガード】

ミュウ/ベンチを守る幻のポケモン【キョダイレンゲキ対策でシステムポケモンをガード】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析していく「ポケカの楽しい使い方」シリーズ。

今回取り上げるのは、「ミュウ」です。

幻のポケモン「ミュウ」がベンチの守り神として君臨

ミュウ

拡張パック「ダブルブレイズ」収録のミュウは、HP60のたねポケモンで超タイプ。

【特性】ベンチバリア
このポケモンがいるかぎり、自分のベンチポケモン全員は、相手のワザのダメージを受けない。

【ワザ】サイコパワー
ダメカン3個を、相手のポケモンに好きなようにのせる。

注目なのは、特性ベンチバリアです。

れんげきポケモンの登場でベンチ攻撃を受ける可能性がアップ

連撃マスターから登場したれんげきウーラオスVMAXのキョダイレンゲキなど、ベンチを含めた「複数のポケモンを同時に攻撃する」ことができるワザを持っているポケモンがいます。

れんげきウーラオスVMAX

【闘×②・無×①】キョダイレンゲキ
このポケモンについているエネルギーをすべてトラッシュし、相手のポケモン2匹に、それぞれ120ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

他にも、ウッウVジュナイパーピカチュウ&ゼクロムカイオーガデンリュウVインテレオンVVMAXなど。

今後、れんげきポケモンの増加により、この「ベンチ攻撃」の危険性はさらに高まると予想されます。

その対策として、重宝されているのが特性ベンチバリアを持つミュウということになります。

れんげきウーラオスVMAXの評価と考察【イーブイヒーローズ環境】今、最高のれんげきデッキは何か?
れんげきウーラオスVMAXの評価と考察【摩天・蒼空環境】今、最高のれんげきデッキは何か?

ポケモンカードゲームソード&シールドの新シリーズとして登場した一撃マスターと連撃マスター。 その主役ポケモンである「いちげきウーラオスVMAX」と「れんげきウーラオスVMAX」は、完全に明暗を分ける形 ...

続きを見る

ミュウを利用する3つのメリット

①ベンチ攻撃を回避して、進化前のポケモンや重要なシステムポケモンを守る

ヘルガー

例えばキョダイレンゲキは、120ダメージと打点こそ少ないものの、2体同時攻撃が可能です。
進化前でまだHPの低いたねポケモンなどが狙われやすくなります。

また、現在、環境で主流となっているデッキでは、いちげきウーラオスデッキのヘルガー(特性いちげきのほうこう)、バレットデッキに採用されるドータクン(特性メタルトランス)、草系デッキのゴリランダー(特性ボルテージビート)、水系デッキのモスノウ(特性ひょうせつのまい)など、強力な特性を持ったシステムポケモンが重要な役割を果たしています。
そのシステムポケモンをベンチ攻撃によって気絶させられてしまうとデッキが回らなくなってしまう可能性が高まり、負けに直結する事態になりかねません。

②レベルボールの登場によって場に出しやすくなった

レベルボール

HP90以下のポケモンを手札に加えられるレベルボールの登場によって、ミュウをサーチしやすくなったことも、ミュウを使いやすくなった要因だと考えられます。

③ワザ「サイコパワー」がいざというときの打点調整に使える

ミュウのワザ「サイコパワー」は、無色エネルギー1つで使えて、相手の好きなポケモンにダメカン3個をのせられるので、「あと10あれば、気絶させられるのに」というときの打点調整などにも使えます。

【無×①】サイコパワー
ダメカン3個を、相手のポケモンに好きなようにのせる。

ミュウのデメリット/特性で防げないダメージもある

ミュウは、ベンチポケモンに対する相手のワザによるダメージをなくすことはできますが、「ダメカンをのせる」などの効果を防ぐことはできません。

例えばドラパルトVMAXのダイファントム

ドラパルトVMAX

【超×②】ダイファントム130
ダメカン5個を、相手のベンチポケモンに好きなようにのせる。

ドラパルトのゴーストダイブ。

【超×②】ドラパルトのゴーストダイブ120
ダメカン3個を、相手のベンチポケモンに好きなようにのせる。

ズガドーンのデプスボム

ズガドーン

【超×①、無×①】デプスボム
ダメカン4個を、相手のポケモンに好きなようにのせる。相手のサイドの残り枚数が3枚なら、のせるダメカンの数は12個になる。

などです。

またドンファンの「じしん」のように、自分の仲間の攻撃によるダメージも防げません。

ドンファン

【闘×①】じしん120
自分のベンチポケモン全員にも、それぞれ20ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

新たなミュウ対策になるのか?ガラルギャロップVのリブラホーン

ガラルギャロップ

無×②/リブラホーン
相手のポケモン1匹に、そのポケモンの残りHPが「100」になるように、ダメカンをのせる。

超×②/サイコキネシス 60+
相手のバトルポケモンについているエネルギーの数×30ダメージ追加。

こちら「ポケモンカード公式ウェブサイトのQ&A」より参照です。

A.相手の場に特性「ベンチバリア」がはたらいているミュウがいるとき、ガラル ギャロップVのワザ「リブラホーン」を使った場合、相手のベンチポケモンにダメカンをのせることはできますか?

Q.はい、できます。

まさに逆転の発想。

「ベンチバリアを持つミュウを何とかして倒すのではなく、ベンチバリアを無視してダメカンを乗せてしまおう」という訳です。

もちろん、リブラホーンでHPを100にしたポケモンをきぜつさせるためには、バトル場に呼び出すなど工夫が必要ですが、1つの「ミュウ対策」として活用可能なワザと言えるでしょう。

関連記事
ガラルギャロップVの評価と考察/リブラホーンの使い方とタッグを組むべき「トドメ刺しポケモン」を探せ!
ガラルギャロップVの評価と考察/リブラホーンの使い方とタッグを組むべき「トドメ刺しポケモン」を探せ!

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-, ,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5