カード分析

イオルブ【評価と考察】/2進化ポケモンの救世主?エボルコントロールは手間とリスクが大きすぎる問題児

  1. HOME >
  2. カード分析 >

イオルブ【評価と考察】/2進化ポケモンの救世主?エボルコントロールは手間とリスクが大きすぎる問題児

【エボルコントロール】イオルブ/2進化ポケモンの救世主?手間とリスクが大きすぎる問題児

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析していく「ポケカの楽しい使い方」シリーズ。

今回取り上げるのは、「イオルブ」です。

イオルブ

拡張パック「連撃マスター」収録のイオルブは超タイプの2進化ポケモンでHP110。
草タイプのサッチムシから、超タイプのレドームシを経由して進化します。

大注目なのは、ワザ「エボルコントロール」です。

一気に2進化ポケモンを複数ベンチに出せる「エボルコントロール」

【無色×①】エボルコントロール
このポケモンについているエネルギーの数ぶんまで、自分の山札から2進化ポケモン(「イオルブ」をのぞく)を選び、ベンチに出す。そして山札を切る。

ついているエネルギーの分だけ、山札から2進化ポケモンをベンチに出せるという超強力なワザ。
トリプル加速エネルギーが1枚ついていれば、一度に3体の2進化ポケモンをベンチに出すことができます。

問題は、イオルブ自体を場に出すのが重労働という点

サッキムシ

レドームシ

イオルブ

非常に強力なワザを持っているイオルブですが、そのイオルブ自体を進化させて場に出すのが非常に大変という矛盾を抱えています。

そのため、イオルブを効果的に活用するためには「いかにスムーズにイオルブを場に立て、エネルギーをたくさんつけて、エボルコントロールを使うか」を考える必要があります。

イオルブを場に立てるルート/ふしぎなアメ/モクロー&アローラナッシーGX

では、どうやってイオルブまで進化させるか。
1進化、2進化と順番に進化させていては、その間に攻撃を受けて負けてしまいますので、対策が必要です。

①ふしぎなアメを使う

ふしぎなあめ

自分の手札から2進化ポケモンを1枚選び、そのポケモンへと進化する自分の場のたねポケモンにのせ、1進化をとばして進化させる。(最初の自分の番と、この番出したばかりのポケモンには使えない。)

サッキムシからイオルブへ、飛び級で進化が可能です。
ただ、場にサッチムシがいて、かつ手札にふしぎなアメとイオルブそろっていなければ進化できません。

進化ポケモンのサーチを助けてくれる「ターフスタジアム」

ターフスタジアムを場に出しておけば、草タイプの進化ポケモンを手札に加えることができます。

ターフスタジアム

おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札から草タイプの進化ポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加えてよい。そして山札を切る。

「ふしぎなあめは手札にあるけど、イオルブがない」という場合は、ターフスタジアムを使って、イオルブを手札に加え、そのまま進化することが可能になります。

②モクロー&アローラナッシーGXの「スーパーグロウ」を使う

モクロー&アローラナッシーGX

【エネルギーなし】スーパーグロウ
自分の場のポケモン1匹から進化するカードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。進化後が1進化なら、続けて2進化を1枚選び進化させる。そして山札を切る。

サッチムシが草ポケモンであるため、スーパーグロウでも進化が可能です。
サッチムシがベンチにいて、モクロー&アローラナッシーGXがバトル場にいれば、エネルギーなしで「スーパーグロウ」を使えます。

しかし、デメリットとして、1進化ポケモンであるレドームシが山札にないとイオルブまで進化ができないので、60枚の手札を圧迫して、他の重要なカードが入らないという危険があります。
さらに、モクロー&アローラナッシーGXを標的にされることで、サイドを3枚失うという点も懸念材料です。

③サポート「ブルーの探索」や「マサキの解析」を使うことで進化を助ける

ブルーの探索

【ブルーの探索】
このカードは、自分の場に特性を持つポケモンがいるなら、使えない。
自分の山札にあるトレーナーズを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

マサキの解析

【マサキの解析】
自分の山札を上から7枚見る。その中にあるトレーナーズを2枚まで、相手に見せてから、手札に加えてよい。残りのカードは山札にもどして切る。

どちらも複数のトレーナーズをサーチできるカードです。
ふしぎなアメやクイックボールなど、「今、手札に欲しいカード」を手に入れて、イオルブを進化させるためのサポートをします。

④ピオニー

ピオニー

自分の手札をすべてトラッシュし、自分の山札からトレーナーズを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。
サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

ピオニーで持ってきた「しんかのおこう」「ふしぎなあめ」を使ったコンボを活用することで、強力な特性を持ち、かつ頂への雪道の効果を受けない非V/GXの2進化ポケモンをスムーズに立てることができます。

関連記事
ピオニーの評価と考察/手札補充の手段が必須【頂への雪道を除雪する特性持ち2進化非Vポケモンの救世主か?】
ピオニーの評価と考察/手札補充の手段が必須【頂への雪道を除雪!ゲノセクトVに必須のカード?】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

トリプル加速エネルギーで3体同時起動を目指すもリスクは高い

トリプル加速エネルギー

イオルブに無事進化できても、エネルギーをつけてワザ「エボルコントロール」を使えなければ、2進化ポケモンが場に出ません。
効率を考えれば、トリプル加速エネルギーをつけて、3体動時起動がベストでしょう。

イオルブを立てることに体力と時間とカードを使ってしまいますので、アタッカーとなる2進化ポケモンたちを「それぞれ独自に進化させて場に出す」余裕はほとんどないと思います。

つまり、バトルを継続するためには、イオルブのエボルコントロールしか道はない、仮にエボルコントロールまで行き着かなければ、そこで試合終了となる可能性も低くはないということです。

そういう意味で、進化をコントロールするという浪漫と2進化ポケモンが複数立った時の爽快感は大いにあるものの、実用的にはリスクが大きすぎるポケモンではないかと思います。

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5