カード分析

フュージョンエネルギーの評価と考察【特性を防ぐ特殊エネルギー】エネ加速と回収方法の充実がポイント

  1. HOME >
  2. カード分析 >

フュージョンエネルギーの評価と考察【特性を防ぐ特殊エネルギー】エネ加速と回収方法の充実がポイント

フュージョンエネルギーの評価と考察【特性を防ぐ特殊エネルギー】エネ加速と回収方法の充実がポイント

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。

毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析していく「ポケカの楽しい使い方」シリーズ。

今回取り上げるのは、こちら「フュージョンエネルギー」です。

フュージョンエネルギーの特徴

fusionene

フュージョンエネルギーは「フュージョン」のマークがついたポケモンにしかつけられません。
その点は、いちげきエネルギーやれんげきエネルギーと同じ、特殊な使い方をするエネルギーとなります。

フュージョンエネルギーは、ポケモンについているかぎり、すべてのタイプのエネルギー1個ぶんとしてはたらきます。
この点は、オーロラエネルギーと同じです。
ただ、オーロラエネルギーと異なり、使用する際にカードをトラッシュする必要はありません。

さらに重要なポイントがあります。
フュージョンエネルギーをつけているポケモンは、「相手のポケモンから特性の効果を受けない」状態になります。

1つのデッキに入れられるフュージョンエネルギーは、通常ルール通り最大4枚になります。

フュージョンエネルギーはすべてのタイプのエネルギーになる

フュージョンエネルギーは、すべてのタイプのエネルギーとして扱われるので、採用しているポケモンやデッキタイプに限らず採用し、「フュージョン」のポケモン用として利用することが可能です。
現時点でも、超タイプ、鋼タイプ、悪タイプなど、様々なタイプのフュージョンポケモンが発表されています。

フュージョンポケモンをメインアタッカーにしたデッキだけではなく、既存のデッキにワンポイントとして「フュージョンエネルギーとフュージョンポケモンを組み合わせる」という使い方も可能なことから、よりデッキタイプが多彩に細分化されていくことが予想されます。

フュージョンエネルギーをつける「相手のポケモンから特性の効果を受けない」

フュージョンエネルギーをつけたポケモンは「相手のポケモンから特性の効果を受けない」という強力な恩恵を受けます。
代表的なところで言えば

主な特性による効果

  • ブラッキーVMAXの特性「ダークシグナル」
  • インテレオンの特性「クイックシューター」
  • インテレオンVMAXの特性「ダブルシューター」
  • アップリューの特性「アップルドロップ」

といった特性があります。

相手ポケモンから「自分のフュージョンエネルギーをつけたポケモン」へ向けられた特性の効果ですので

主な特性による効果

  • ザマゼンタVの特性「ふくつのたて」
  • ジュラルドンVMAXの特性「まてんろう」

など相手ポケモン自身に効果を発揮する特性は対象外です。

おまけ効果としては十分な性能があり、「フュージョンエネルギーをつけといて良かったよー」という場面が当然現れてくるものと予想されます。

フュージョンエネルギーをどうやって持ってくるか問題

フュージョンエネルギー最大の問題は、「山札の中にあるフュージョンエネルギーをどうやって手札に加えるか」です。

フュージョンエネルギーをポケモンにつけるためには、山札からフュージョンエネルギーを引かなければなりません。
基本エネルギーと異なり、デッキに最大4枚しか入っていないカードを狙って引き当てるのは至難のワザです。

いちげきエネルギーにおけるヘルガーの特性「いちげきのほうこう」や、

関連記事
ヘルガーの評価と考察/ヘルガーの正しい使い方【いちげきエネルギーライン・活力の壺の構成枚数】
ヘルガーの評価と考察/ヘルガーの正しい使い方【いちげきエネルギーライン・活力の壺の構成枚数】

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

れんげきエネルギーをサーチできるオクタンの特性「れんげきサーチ」のような、

関連記事
オクタンの評価と考察/あなたのれんげきデッキはオクタン型?それともインテレオン型?/れんげきの司令塔
オクタンの評価と考察/あなたのれんげきデッキはオクタン型?それともインテレオン型?/れんげきの司令塔

ポケカファンの皆さんこんにちは、親子でポケカ研究所所長のZARUTOP(@oyakodepokeca)です。 毎回ポケモンカード1枚にスポットを当てて、そのカードの特徴や使い方などをなんとなく分析して ...

続きを見る

使い勝手の良い入手手段がないと、フュージョンエネルギーを効率的に運用することはできません。

フュージョンエネルギーをサーチ・またはポケモンにつける手段

現状わかっている新弾の「フュージョンエネルギーをサーチ・またはポケモンにつける手段」は、

ミュウVの「エナジーミックス」。

mu-v
そして、新サポートの「カミツレのきらめき」となります。

なお、特殊エネルギーつけ放題でお馴染みのポリゴンZの特性「クレイジーコード」にも、フュージョンエネルギーはもちろん対応しています。

porigonz

また、「活力の壺」のように、トラッシュに落ちたフュージョンエネルギーを回収する手段がまだないのが気がかりです。

活力の壺

続報を待ちましょう。

特殊エネルギー対策として、うねりの扇が必須になるか

うねりのおうぎ

ジュラルドンVMAXもびっくりな特殊エネルギー全盛時代に突入したポケモンカード。
フュージョンエネルギーは、確かに驚異なので、何らかの専用対策をできればしておきたいところです。

現時点で最もお手軽かつ効果的な対策は、「うねりの扇」だと考えられます。
一時期、「リセットスタンプ」がどのデッキにも一枚入ったように、これからは「うねりの扇」が必ず1枚の必須カードになるかもしれません。

フュージョンエネルギーが最大で4枚しかないことを考えれば、せっかく貼った1枚をはがし、山札の下に置いて再利用しづらくするプレイイングは、大きな意味を持つと考えられます。

今、強いデッキは何?ポケカ環境考察の最新版!

優勝デッキ!白馬スイクンデッキを徹底分析

話題のクワガノン/インテレオンデッキを徹底分析

おすすめポケカショップ「遊々亭」購入レビュー!

-カード分析
-,

© 2021 親子でポケカ研究所 Powered by AFFINGER5